ゆり皮膚科

院長 小林由里

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医


〒350-0046

埼玉県川越市菅原町10-9 サウスヒル川越201

TEL:049-237-6502

一般皮膚科予約専用TEL:186-03-3599-6832

皮膚科サイト:

http://www.yurihifuka.com/

美容皮膚科サイト:

http://www.yurihifuka.jp/

携帯サイト:

http://www.yurihifuka.net/

にきび治療のゆり皮膚科外観

 

 

 

 

ゆり皮膚科院内

ニキビ肌のUVケア_日焼け止め選び

 

紫外線はニキビ肌に対して悪影響を与えます。紫外線は皮膚の細胞内に活性酸素を大量に発生させ、皮膚に炎症を起こしたり、細胞を傷つけ肌の機能を低下させてターンオーバーを乱すなど、ニキビ悪化の原因となっています。

そこで紫外線対策が重要ですが、「日焼け止めをつけると肌状態が悪くなるので使いたくない」という患者様が多いため、ニキビ治療中の方の日焼け止め選びのポイントをいくつか挙げてみます。

 

ニキビ治療に紫外線は大敵です

1紫外線吸収剤を使っていないものを選ぶ

紫外線吸収剤は肌に刺激を与えるため、紫外線散乱剤のみのものが良いでしょう。

  • 紫外線吸収剤不使用
  • 紫外線吸収剤フリー
  • ノンケミカル

など市販のものにもわかりやすく書いてあるものがあります。

2オイルフリータイプを選ぶ

ニキビ肌に対して油性成分のものを使用していると毛穴を詰まらせ、ニキビが悪化することがあります。せっかく普段の基礎化粧品でさっぱり系のケアをしていても、日焼け止めでベッタリと毛穴を塞いでしまっては台無しです。

ローションタイプ、乳液タイプ、クリームタイプなど、性状も様々なものがあるため、肌に合ったものを選ぶようにして下さい。 ニキビ肌の方であればオイルフリーのローションタイプがお勧めです。

3クレンジングでしっかり落とす

日焼け止めは海やプールで使用したり、汗で流れたりすることを想定し、ウォータープルーフタイプのものが多いです。そのため簡単には落ちにくいため、クレンジングをする、ダブル洗顔(2回洗い)にするなどが必要になります。1日の汚れはしっかりと落としましょう。

 

ニキビ治療にあった日焼け止めを選んで下さい

以上に気を付けた上で、SPF、PAなど生活背景にあったものを選ぶと良いと思います。

当院では紫外線吸収剤不使用のもので、ローションタイプ、乳液タイプ、クリームタイプをご用意しております。もちろん化粧下地として使用することもできます。

クレンジングや洗顔方法の指導なども行っており、男性女性問わずお肌に合わせてご案内できますので、日焼け止めでお悩みの方は診察の際にご相談頂ければと思います。