ゆり皮膚科

院長 小林由里

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医


〒350-0046

埼玉県川越市菅原町10-9 サウスヒル川越201

TEL:049-237-6502

一般皮膚科予約専用TEL:186-03-3599-6832

皮膚科サイト:

http://www.yurihifuka.com/

美容皮膚科サイト:

http://www.yurihifuka.jp/

携帯サイト:

http://www.yurihifuka.net/

にきび治療のゆり皮膚科外観

 

 

 

 

ゆり皮膚科院内

顔のニキビ治療ガイドライン ☆ にきび・にきび跡治療

顔にできるニキビである尋常性ざ瘡治療のガイドラインですので、参考にして下さい。

基本はこのガイドラインに沿っての治療となりますが、それぞれの治療法には当院独自のノウハウがありますので、ニキビ治療でお困りの方は当院に診察にいらして下さい。


※治療適用推奨度
A :行うよう強く推奨する
B :行うよう推奨する
C1:選択肢の1つとして推奨する
C2:現時点では有効なエビデンスがない

面皰(めんぽう)

症状 治療適用推奨度 備考
A B C1 C2
 
アダパレン外用
(ディフェリンゲル)
 
面皰
圧出
   
スキンケア
(洗顔)
ケミカル
ピーリング
イオウ製剤
外用
漢方

丘疹、膿胞(きゅうしん、のうほう)

症状 治療適用推奨度 備考
A B C1 C2
軽症 抗菌薬外用  
ケミカル
ピーリング
 
面皰がある
場合は面皰
治療項目を
併用

アダパレン外用

(ディフェリンゲル)

NSAID
外用
漢方
中等症 抗菌薬内服  
ケミカル
ピーリング
 
抗菌薬外用

アダパレン外用

(ディフェリンゲル)

NSAID
外用
重症 抗菌薬内服  
ケミカル
ピーリング
 
抗菌薬外用

アダパレン外用

(ディフェリンゲル)

最重症 抗菌薬内服      
抗菌薬外用

少数の囊腫、硬結(のうしゅ、こうけつ)を含むもの

症状 治療適用推奨度 備考
A B C1 C2
   
ステロイド
局注
抗菌薬内服   面皰、丘疹、膿疱
がある場合は
該当治療を併用

瘢痕(はんこん)、ケロイド

症状 治療適用推奨度 備考
A B C1 C2
     
ステロイド
局注
トラニスト
内服
 
手術療法
ケミカル
ピーリング