ゆり皮膚科

院長 小林由里

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医


〒350-0046

埼玉県川越市菅原町10-9 サウスヒル川越201

TEL:049-237-6502

一般皮膚科予約専用TEL:186-03-3599-6832

皮膚科サイト:

http://www.yurihifuka.com/

美容皮膚科サイト:

http://www.yurihifuka.jp/

携帯サイト:

http://www.yurihifuka.net/

にきび治療のゆり皮膚科外観

 

 

 

 

ゆり皮膚科院内

にきび治療について ☆ にきび・にきび跡治療

当院は保険診療の一般皮膚科と自由診療の美容皮膚科を併設しておりますので、にきび治療に於いても患者様一人一人の症状に応じて最適な治療方法を説明、ご案内させて頂きます。

顔にできるニキビは正式病名を「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といい、もちろん保険治療の対象となっています。そのため、にきび治療の場合、基本的には保険診療による処方薬にての治療となります。
にきびでお悩みの方は保険証をご持参の上、一般皮膚科の診察にいらして下さい。

一般皮膚科診察の受診案内はこちらのゆり皮膚科受診案内をご参照下さい。

ただし症状や体質によっては保険治療より美容治療が効果的な場合もありますので、その際は診察時に詳しく説明させて頂きます。


保険診療による一般的な治療例

  • 外用薬
    • アダパレン(ディフェリンゲル)
      08年秋にディフェリンゲルが認可されて以来、顔のニキビの保険治療の効果は格段に向上しました。日本皮膚科学会のニキビ治療ガイドラインで一番評価の高い外用薬です。使用開始初期に一時的な肌荒れを生じますが、必ず落ち着くので心配いりません。他の医療機関でディフェリンゲルを使用してみたものの初期の肌荒れで断念した後に、当院の使用方法指導で使えるようになった方もたくさんいらっしゃいますのでご相談ください。ディフェリンゲルは初期段階の非炎症性病変(微少面皰、閉鎖面皰、開放面皰)にきびから炎症性病変の中等症まで幅広く効果があります。
    • 抗菌剤含有外用剤(ダラシン、アクアチムローションなど)
      軽症以降の中等症である炎症性病変(紅色丘疹及び膿疱の状態)に対して使用します。面皰内でP.acnes(Propionibacterium acnes)が増殖すると紅色丘疹へ移行します。P.acnesによりさらに炎症が進むと毛包壁が障害され破壊が始まり、膿疱が形成されます。この段階に使用されるのが抗菌剤含有外用剤で、アダパレンと併用して使用する場合が多くあります。
    • クンメルフェルド液(イオウカンフルローション)
  • 内服薬
    • ビタミン剤
    • 抗生物質

美容治療による治療メニュー

  各治療詳細説明は治療名をクリックして頂き当院美容皮膚科サイト内ページにてご確認下さい。

  • ピーリング
    • ケミカルピーリング
      グリコール酸の作用でにきびやオイリー肌を改善させます。薬を塗布するのは3分間ですが、そのあと皮脂づまりを除去してから保湿ローションでパックします。

    • サリチル酸ピーリング
      サリチル酸マクロゴールを使用します。古い皮膚をとり新しい皮膚を作ることで、くすみ・小じわを改善するとともに毛穴の皮脂づまりも出やすくなり、目立つ毛穴やニキビが減ってきます。皮膚からの吸収が良くなりますので、終了後にイオン導入を併用すると効果的です。

  • 高濃度ビタミンCイオン導入
    電気的エネルギーを使い美白効果の高い薬剤を皮内まで導入します。ビタミンCはシミ・くすみに有効なだけでなく、強い消炎作用もあります。炎症性の赤いにきびにも効果を発揮し、シミの予防にもなります。

  • 高濃度ビタミンC外用
    ビタミンCを高濃度で含む外用剤です。 くすみがとれ、シミがうすくなります。ニキビにも効果的です。


にきび治療にはホームケアも非常に大切なポイントです。
一番重要なのはホームケアの方法で、これを間違うと治療を続けてもなかなか効果が出ませんし、どんなに良いホームケア用品を使用してもその効果を引き出せません。

また、どのようなホームケア用品を使用するかも大切ではありますが、にきび改善に適したものを使用して、それが自分に合っている、効果を感じられる、というのであれば銘柄はそれほど気にせずに良いと思います。

ホームケアでわからないことがある方や、どんなものを使用すれば良いかわからない場合は、治療の一環として診察の際にご説明します。
ちなみに当院でもホームケア用品をご用意しておりますが、あくまでも治療の一環としての位置付けで、販売すること及び現在使用しているものからの変更が主目的ではありません。
そのため、ご要望があればサンプルをお渡しすることは出来ますが、現在使用している用品がある方にはまずはそれを正しい使用方法で継続してもらうようにしております。

ゆり皮膚科取扱いホームケア用品
  • ゆり皮膚科オリジナル
  • 資生堂NAVISION(ナビジョン)
  • NOV(ノブ)
  • マーケットスタイル
  • VC Stick