ゆり皮膚科

院長 小林由里

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医


〒350-0046

埼玉県川越市菅原町10-9 サウスヒル川越201

TEL:049-237-6502

一般皮膚科予約専用TEL:186-03-3599-6832

皮膚科サイト:

http://www.yurihifuka.com/

美容皮膚科サイト:

http://www.yurihifuka.jp/

携帯サイト:

http://www.yurihifuka.net/

にきび治療のゆり皮膚科外観

 

 

 

 

ゆり皮膚科院内

にきびの悪化する原因 ☆ にきび・にきび跡治療

にきびが悪化する原因として主なものを記します。
思い当たるものがあれば、悪化させないよう、ケアに気を付けて下さい。

紫外線
紫外線は活性酸素を増やすため、炎症が激しくなりニキビを悪化させます。
また色素沈着を強くします。

外的刺激
髪の毛・衣服などの接触刺激や、化粧品で毛穴を塞ぐことも悪化の原因となります。
またニキビを爪で潰すと炎症が酷くなり、クレーター状に瘢痕が残っていわゆるニキビ跡となります。

ホルモンバランスの乱れ
月経前は黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で、一時的に悪化しやすくなります。
またホルモン剤を使用しても同様に悪化することがあります。

食生活
食生活の乱れ、栄養過多や不足、脂肪分の摂りすぎもニキビ悪化の原因となります。

乾燥
季節、エアコン、過度の洗顔による乾燥も良くありません。

間違ったホームケア
化粧品の添加物による刺激、鉱物油などの使用、オイル系の化粧品の使用、保湿不足、こすり荒い等。
にきびが発生している肌にはオイル性化粧品の使用を控えると共に適切な洗顔が必要ですが、保湿は必要ですので、この部分に気を付けて下さい。

その他
  • ストレス
  • 喫煙
  • 便秘
  • 睡眠不足(代謝が下がる)
  • etc